スポンサードリンク

2007年10月02日

広く一般的に使われている頭をのせるタイプの枕。
枕と言われれば一般的にこのタイプのことを言う。
枕(まくら)は、就寝時に頭を乗せるための寝具である。

形状は数センチの厚みのある小さな板状のもので、クッション性を持たせたものが多い。スポンジや綿、羽毛など柔らかいものを布の袋に詰めた柔らかいものが欧米では一般的であるが、プラスチックや籾殻を詰めた適度な硬さがある枕も用いられている。

しかし最近では、ただ頭だけを支えるだけではなく、首の形を整えて頭を支えるものと言われている。また首や頭の形状は、体型、年齢、性差などで千差万別であるし、ベッドや布団との相性もあり、誰にでも合う万能枕はなかなかお目にかかれない。


枕は寝ているときに頭を少し高くするためのモノ。首を支え、安定させるものです。
【関連する記事】
posted by hiro at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 枕の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58684582

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。